読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

縁廻る企画

出会ったひと、お話ししたこと、感じたこと、その記録。

第0回 ごはんが食べたいから

 

2016/07/02

 

都内某所にて、sakecyadukeさんとお会いしてきました。sakecyadukeさんは院生・20代・女性。

 

恋愛の話をしてくれませんか、とお願いしたら、彼氏さんとの馴れ初めを教えてくれた。

 

彼氏さんとは、大学が同じなので知り合ったという。ある日、ちょっとしたきっかけからごはんに誘われて、そこから仲良くなった。

 

「彼はちょっとふしぎなひとで、向こうから誘われたけれど、下心のない感じがしたんです。あ、このひと、ただ自分がごはん食べたいから誘ってるんだろうなって。そういうオーラがあった。だからこっちも気楽だったし、はじめは恋愛対象として見ていなかったんです」

 

ごはんを食べたいから誘ってる、というところが、なんともいいと思った。世の中には、ちっともごはんを食べたいわけではないのに、ごはんに誘う男がごまんといる。よく考えてみたらおかしな話だ。

 

この彼は、異性として見る以前に、ひとりの人間として、彼女を見ていたのだろう。それはとても大切なことに思える。ときめかなければ付き合えないけれど、ときめきだけでは続かないもの。

 

ふたりの付き合いは、ごくスローなペースで展開した。月に1、2度のごはんを、半年ほど続けた。ついに彼から告白されたけれど、その場ではびっくりして「困る」と言ってしまった。

 

「考えるって言っちゃったんです。それで、1ヶ月後に返事をして」

「1ヶ月も考えていたんですか!笑」

「はい!その間にもごはんに行って。笑」

「そのとき、彼は?」

「ぜんぜんふつうでした」

 

話を聞いているだけで、彼氏さんの優しさ・穏やかさがつたわってくるようだった。どうして付き合うことに決めたのかと訊くと、彼女は「彼といると楽しいし、好きなものが似ているんです」と言う。

 

「お互い、猫が好きで。あと、彼はピアノがひけるんですけど、わたしもすきで。クラシック音楽も聴くんですけど、わたしもすきで。彼は、けっこう自分から『ここに行こうよ』って提案してくるんですけど、それが、わたしが行きたいところと同じなんです。示し合わせたわけでもないのに。あっ、それ、いいなって思うんですよ」

「どんなところ?」

「温泉とか、水族館とか、滝とか」

「滝!笑」

「本当に、いろいろ。笑 突然、『山の方まで行かない?車に乗って』とかいうんですよ。笑」

 

にこにこと話す彼女はとても楽しそうで、ふたりは波長が合っているんだろうな、と思った。お互いがごく自然体で、そのもともとの自分の姿が、相手の姿にぴったりはまっている。たぶん、パズルみたいに。余談ですが、彼女の話を聞いて、わたしは吉本ばななの「西日」という短編を思い出しました。