読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

縁廻る企画

出会ったひと、お話ししたこと、感じたこと、その記録。

第1回 2/2 すてきなおんなのこ

shubonbon.hatenablog.jp の続きです。 

 

【もくじ】

 

▼自分を分析できるということ

 

話しているうち、ハ子ちゃんは、自分のことをよく分かっているし、かつ自分を分析するのがうまいと思った。
まず、この時こう思っていたとか、こう言われてうれしかった、というように、自分のきもちをちゃんと言葉にできる。それに、私はこれができる、でもここがダメだ、これはちょっと後ろめたい、というように、自分を客観的に見てもいる。

これは意外にむずかしいことだ。

 

ハ子ちゃんは度々、自分にはあまり自信がないと言った。

みためも可愛いしなかみも良い子なのに、どうして?と聞いてみると、本当の私はネガティブだし、八方美人だし…と言う。

 

ハ子ちゃんに限らず、「本当の私=実はダメな部分」をわかっているひと(本当はネガティブなんです、本当は人見知りなんです、本当は怒りっぽいんです…等)ほど、自信がなさそうにしているように思う。自分の弱みをわかっているからこそ、自己評価を下げてしまうのだろう。でも、「本当の私」をちゃんとわかっているということは、むしろ自信をもつべき、素晴らしいことだ。

 

だって出来ないところが分からないと、傾向も対策もできない。ダメなところのない人間なんていないのだから、ダメな部分があることはダメじゃない。一番ダメなのは、自分のダメさに気がつかないことだ。

 

 

▼素直なおんなのこ

 

ハ子ちゃんはとても素直だとも思った。

素直なおんなのこは最強に可愛い。

 

ハ子ちゃんには彼氏がいるのだが、その彼氏は、ハ子ちゃんを友達や親に紹介してくれないらしく、ハ子ちゃんは悩んでいる。 そんなときはMERY(女子向け情報まとめアプリ)でいっぱい調べるのだそうだ。「ナゼ紹介してくれないの?彼のキモチは?」みたいな記事を見まくっているらしい。そういうの、可愛いと思う。可愛いと思うなあ。もしわたしが彼氏の立場だったら、自分のためにそんなに調べてくれたらうれしい。

 

また、その彼とはもうすぐ2年記念日で、そういう話をしているとき「きっとすぐ3年記念日も4年記念日も来ちゃうよ」と言われたのがとてもうれしかった、という話をとてもうれしそうにしていて、すごく可愛かった。それ、彼氏にはうれしいって言ったの?と聞くと、恥ずかしくて言ってない、と言う。そういうのも可愛いと思うな。笑

 

ハ子ちゃんは、まっすぐに、悩んだり、恋したり、頑張ったり、笑ったりしている、等身大の、19歳のおんなのこだなあ、と思った。

わたしも同じように、悩んだり、恋したり、頑張ったり、笑ったりしている、歳はひとつ上だけど、ふつうの20歳だ。みんなそうなんだ、と思った。いい意味で、みんな同じように、それぞれ一生懸命生きているんだよね、と思った。ハ子ちゃんも、ほかの友達も、画面の向こうのひとたちもみんな、勝手になんだけど、同じ時代に生きている、同志のように思っています。

 

お互い頑張って生きていきましょう。

ハ子ちゃん、ありがとうございました。