読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

縁廻る企画

出会ったひと、お話ししたこと、感じたこと、その記録。

第4回 愛することと変わること

 f:id:shubonbon:20160822153437j:image

 

2016/07/30

 

hmatsuzakさんとお会いしてきました。

hmatsuzakさんは、社会人・40代・男性。 

当企画初の男性です。

 

【もくじ】

 

 

▼ものを細かく分けていくと何が残るか?

 

かいじゅう(以下、か):まずは簡単に自己紹介をお願いします。

 

hmatsuzak(以下、h)「hmatsuzakです。ソフトウェアを開発する仕事をしています。」

 

か:お仕事は楽しいですか?

 

h「忙しい時や、自分で工夫して考えている時は楽しいですね。忙しいと言っても、ある時間の中で集中してやる、という感じなので、大変ではありません。暇を持て余すよりはいいですね」

 

か:わたしは今大学生なのですが、学生時代はどうでしたか?

 

h「大学生でいる、ということ自体が楽しかったように思います。部活はソフトボールをやっていました。授業が終わってからクタクタになるまで部活をやって、そのあと友達の家で朝まで麻雀して……そういうのが楽しかったですね(笑)」

 

か:いいですね、そういう遊び方は若いうちしか出来ないですよね(笑)大学では、何を専攻されていましたか?

 

h「専攻は物理でした。物理は面白いですね。いまでもノーベル賞が出ますしね」

 

か:わたし、ド文系なので高校の時とか物理の面白さが全くわからなかったのですが……どこが面白いですか?笑

 

h「うーん、たとえば、ものを細かく細かくわけていくと何が残るか?ということを考えるんですよ。いまのところ、"クオーク"という物質が残るって言われているんですよね。原子もクオークで出来ているんですよ。そういうのがわかるって、面白くないですか?笑」

 

か:なるほど?笑

 

h「好奇心が満たされますね」

 

 

▼素敵な奥さん

 

か:以前よりhmatsuzakさんのブログを拝見していたのですが、ときどき奥様が出てきますね。奥様とは仲が良いですか?

 

h「良い方だと思います。いざいなくなると困るので(笑)、やっぱり好きだな、と思いますね」

 

か:奥様はどんな方ですか?

 

h「おっとりしているかな。寛容というか、優しいというか、あまりイライラしませんね」

 

か:hmatsuzakさんはイライラするほうですか?

 

h「人にはイライラしませんが、順番待ちとか、行列に並ぶのが嫌いなので、そういう時はイライラしますね」

 

か:私もイライラしやすいほうですが、イライラしやすい人やせっかちな人は、逆におっとりしている人と付き合った方がうまくいく気がします。お互いイライラしていると、ギスギスしちゃいますもんね(笑)

 

 

愛することと変わること

 

h「結婚をして、かなり自分の生き方が変わったと思います。妻は初めて出来た彼女で、僕はそれまで20年近く一人暮らしをしていたんですよ」

 

か:そこから結婚に踏み切るのは、大きなご決断だったでしょうね。

 

h「そうですね。自分は、こんなに人に気を遣うことができたんだ、と自分でも驚きました。たとえば妻が疲れていそうだったら、『大丈夫?』と声をかけたり……『そろそろ寝ない?』とか、『頑張りすぎたら体に悪いよ』とか……自分にも、そういう言葉が言えるんだ、と。そんな自分は想像できなかったんですよ。やってみないとわからないですね」

 

か:"やってみないとわからない"、先が見えないというのは不安なことでもあると思いますが、それでも、"やってみよう"という気持ちになったきっかけはありますか。

 

h「僕と同じように、長いこと一人暮らしをしてから結婚した後輩がいたので相談したんですよ。『ずっと一人で暮らしていたのに、急に二人で暮らせるかな?』と聞いたら、彼は一言、『すぐに慣れますよ』と言ったんです。笑」

 

か:すぐに慣れましたか?

 

h「すぐに慣れました(笑)」

 

か:結婚してよかったな、と思うことはなんですか?

 

h「苦しいときに支えになってくれることですね。自分がきつい時は話を聞いてくれたり。逆に、こちらも彼女を支えよう、と思うので、気持ちにハリが出るというか、頑張ろうって気持ちになります。そうやって頑張って、仕事に結果が出ると気分がいいし、好循環ですね」

 

 

▼時計の修理もできる!

 

か:趣味はありますか?

 

h「夫婦でボウリングによく行きます。ちょっと自信がありますよ」

 

か:すごい!私はスコアを100切ります……。

 

h「それは……(笑)」

 

か:他には何かありますか?

 

h「野球は大好きですし、ソフトボールは今でもやりますね。TUBEのコンサートにもよく行きます。

 

h「ところで、かいじゅうさんのその腕時計、ダニエルウェリントンですよね。時計屋を自営でやっていたことがあるんですが、ダニエルウェリントンは一番はじめに扱ったブランドでした」

 

か:なんと!時計もお好きなんですね。

 

 h「今でも簡単な修理はできますよ(笑)」

 

か:hmatsuzakさんのその時計は?

 

h「これはインビクタというダイバーズウォッチです。そうそう、ダイビングも好きで、スキューバのライセンスも持っていますよ。放浪の旅でフィリピンに行ったとき、初めてやってみてハマりました。日本近海では見られないような、きれいな魚がたくさんいるんですよ。ニモとか。笑」

 

か:へえ〜。本当に多趣味なんですね。

 

h「なんでも、すぐやってみたくなるんですよね。すぐやめちゃったりもしますけど」

 

 

▼愛がいっぱい(総括に代えて)

 

hmatsuzakさんの言葉の節々には、奥様を想う気持ちが伝わってきてほっこりしました。ほんとうに素敵なご夫婦だと思います。写真は「妻の一存で飼った」というインコさんです。